現代にあった還暦のお祝いを

還暦とは、数えの61歳、満60歳の年齢を祝うものです。このことから現在では、60歳のお誕生日でお祝いする方がほとんどのようです。昔は長寿を祝うという意味がありましたが、現在の60歳はまだまだ若いので、人生の1つの節目のお祝いと言えるでしょう。この年齢で定年退職される方も多いので、合わせて賑やかにお祝いすると良いようです。金銭を送るのか迷うところですが、一般的にはお祝いのお金を包みます。その際、表書きには「長寿御祝」、「寿福」、「祝還暦」、などのいずれかを書きます。水引は、紅白か金銀のものを使います。贈り物についても、のしをつけ、お金の表書きと同じようにします。金額についてははっきりとした決まりはありませんが、両親には3万円から5万円、兄弟に1万円程度送ることが多いようです。また、特別な日として親族で集まって会食をするなど、普段の誕生日よりも盛大にお祝いされることが多いようです。その際の食事も1人5千円から1万円の懐石料理などでおもてなしすることが多いようです。また、「赤いちゃんちゃんこ」が還暦の贈り物の代名詞のようになっていましたが、、現代ではもっと実用的な品物が贈り物に選ばれているようです。ただ、イベントの道具として安価なちゃんちゃんこを贈り、実際は別の物、というパターンも楽しめそうですね。ネットショップでもそのような目的で販売されている物をたくさん見かけます。「赤」は、派手な色だと、その年齢の方には敬遠されるかもしれませんが、時計や財布など小物類に取り入れると喜ばれるのではないでしょうか。今では60歳はお年寄りと言う感覚がほとんどないので、仕事や趣味で忙しい方も多いかと思います。ネクタイやスポーツ用品など、昔とは違った贈り物の形もあるかもしれません。いつもより少し特別なお祝いをするだけでも、大変喜ばれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です