贈り手も贈られた人も気持ち溢れる胡蝶蘭

胡蝶蘭は普段あまり身近で見かけることは少ないと思います。
白い花が並んで連なって咲いていて存在感がたっぷりあって他の花に比べて一目置かれるような存在の花だと私は昔から思ってます。他の花に比べて胡蝶蘭は飛びぬけて値がはるのも大きな存在感の理由の一つだと思います。値段が高いのと連なって咲く花が案外場所を選ぶので、なかなか観賞用として自分で購入する方は少ないんではないかなと思います。その分、胡蝶蘭を贈られた受け取り側の人は確実に喜びます。

昔、夜の仕事をしていた時期があり
その時に新人のころからお世話になった先輩のお姉さんがいました。私が店に入った当時からお姉さんはずっとその店のNO1でした。けれどそれを鼻にかけたりせず後輩をいじめたりせずいつだって可愛くて優しい気持ちのある方で私の憧れでもありました。
もちろんNO1のお姉さんの毎年のバースデーは盛大です。そのお姉さんのバースデー当日は店の外まで色とりどりの花が飾られていました。すべてお姉さんのお客さんからの誕生日のお祝いの花です。そこで私は当時はじめて胡蝶蘭という花を知りました。
だいたいの胡蝶蘭には花とセットで送り側の方のお名前とそのお姉さんの名前の入った木の札が刺さっていました。それは1つあっただけでもインパクトは大きく存在感を放ちます。夜の世界だともしかしたら胡蝶蘭の数だけそのキャストの女性の評価だとわかりやすいものでもあるかもしれません。胡蝶蘭は安い花ではないので、この人になら胡蝶蘭を贈りたいとか贈る相手への気持ちがなければ簡単には贈らない花だと思います。
その時から憧れのお姉さんのように私もいつか胡蝶蘭を贈っていただけるように成長したいなと思ったものです。それと同時にいつか大切な誰かに贈ることができたその時は私も一人前になれてるときかななどと夢描いていました。
それから5年くらいたったころ私は違う店舗へ移動して、そのお姉さんとは他の店舗で勤務していました。その時、私は新人の時代より仕事に前向きでした。なのでお姉さんにはおよばずとも、お客様にも恵まれていました。お姉さんからも「頑張っていると聞いているよ」とたまに連絡をもらっては励みにしていたころ、その年のお姉さんの誕生日が近づいて私は違う店舗にもなってしまったし今年は私からお姉さんに胡蝶蘭を贈りたいと思いました。他のお客様からのお祝いの花の邪魔をしないようネットで検索してミニの胡蝶蘭を木の札に名前を入れてバースデーの日に贈りました。
もちろんその年もお姉さんのバースデーは大盛況だったそうです。なのできっとすごく忙しかったであろうお姉さんが胡蝶蘭を贈ったことは言わないでいたのに、ちゃんと私からのミニの胡蝶蘭にも気づいてくれていてとても喜んでもらえました。憧れだったお姉さんに喜んでもらえてお祝いの日に花を添えることができて私自身すごく嬉しかったですし強く記憶に残っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です