現代にあった還暦のお祝いを

還暦とは、数えの61歳、満60歳の年齢を祝うものです。このことから現在では、60歳のお誕生日でお祝いする方がほとんどのようです。昔は長寿を祝うという意味がありましたが、現在の60歳はまだまだ若いので、人生の1つの節目のお祝いと言えるでしょう。この年齢で定年退職される方も多いので、合わせて賑やかにお祝いすると良いようです。金銭を送るのか迷うところですが、一般的にはお祝いのお金を包みます。その際、表書きには「長寿御祝」、「寿福」、「祝還暦」、などのいずれかを書きます。水引は、紅白か金銀のものを使います。贈り物についても、のしをつけ、お金の表書きと同じようにします。金額についてははっきりとした決まりはありませんが、両親には3万円から5万円、兄弟に1万円程度送ることが多いようです。また、特別な日として親族で集まって会食をするなど、普段の誕生日よりも盛大にお祝いされることが多いようです。その際の食事も1人5千円から1万円の懐石料理などでおもてなしすることが多いようです。また、「赤いちゃんちゃんこ」が還暦の贈り物の代名詞のようになっていましたが、、現代ではもっと実用的な品物が贈り物に選ばれているようです。ただ、イベントの道具として安価なちゃんちゃんこを贈り、実際は別の物、というパターンも楽しめそうですね。ネットショップでもそのような目的で販売されている物をたくさん見かけます。「赤」は、派手な色だと、その年齢の方には敬遠されるかもしれませんが、時計や財布など小物類に取り入れると喜ばれるのではないでしょうか。今では60歳はお年寄りと言う感覚がほとんどないので、仕事や趣味で忙しい方も多いかと思います。ネクタイやスポーツ用品など、昔とは違った贈り物の形もあるかもしれません。いつもより少し特別なお祝いをするだけでも、大変喜ばれることでしょう。

贈り手も贈られた人も気持ち溢れる胡蝶蘭

胡蝶蘭は普段あまり身近で見かけることは少ないと思います。
白い花が並んで連なって咲いていて存在感がたっぷりあって他の花に比べて一目置かれるような存在の花だと私は昔から思ってます。他の花に比べて胡蝶蘭は飛びぬけて値がはるのも大きな存在感の理由の一つだと思います。値段が高いのと連なって咲く花が案外場所を選ぶので、なかなか観賞用として自分で購入する方は少ないんではないかなと思います。その分、胡蝶蘭を贈られた受け取り側の人は確実に喜びます。

昔、夜の仕事をしていた時期があり
その時に新人のころからお世話になった先輩のお姉さんがいました。私が店に入った当時からお姉さんはずっとその店のNO1でした。けれどそれを鼻にかけたりせず後輩をいじめたりせずいつだって可愛くて優しい気持ちのある方で私の憧れでもありました。
もちろんNO1のお姉さんの毎年のバースデーは盛大です。そのお姉さんのバースデー当日は店の外まで色とりどりの花が飾られていました。すべてお姉さんのお客さんからの誕生日のお祝いの花です。そこで私は当時はじめて胡蝶蘭という花を知りました。
だいたいの胡蝶蘭には花とセットで送り側の方のお名前とそのお姉さんの名前の入った木の札が刺さっていました。それは1つあっただけでもインパクトは大きく存在感を放ちます。夜の世界だともしかしたら胡蝶蘭の数だけそのキャストの女性の評価だとわかりやすいものでもあるかもしれません。胡蝶蘭は安い花ではないので、この人になら胡蝶蘭を贈りたいとか贈る相手への気持ちがなければ簡単には贈らない花だと思います。
その時から憧れのお姉さんのように私もいつか胡蝶蘭を贈っていただけるように成長したいなと思ったものです。それと同時にいつか大切な誰かに贈ることができたその時は私も一人前になれてるときかななどと夢描いていました。
それから5年くらいたったころ私は違う店舗へ移動して、そのお姉さんとは他の店舗で勤務していました。その時、私は新人の時代より仕事に前向きでした。なのでお姉さんにはおよばずとも、お客様にも恵まれていました。お姉さんからも「頑張っていると聞いているよ」とたまに連絡をもらっては励みにしていたころ、その年のお姉さんの誕生日が近づいて私は違う店舗にもなってしまったし今年は私からお姉さんに胡蝶蘭を贈りたいと思いました。他のお客様からのお祝いの花の邪魔をしないようネットで検索してミニの胡蝶蘭を木の札に名前を入れてバースデーの日に贈りました。
もちろんその年もお姉さんのバースデーは大盛況だったそうです。なのできっとすごく忙しかったであろうお姉さんが胡蝶蘭を贈ったことは言わないでいたのに、ちゃんと私からのミニの胡蝶蘭にも気づいてくれていてとても喜んでもらえました。憧れだったお姉さんに喜んでもらえてお祝いの日に花を添えることができて私自身すごく嬉しかったですし強く記憶に残っています。

胡蝶蘭の魅力

胡蝶蘭は自宅で育てて、自分で楽しむのにも最適な鉢花ですが、ここでは「ギフトとしての胡蝶蘭の鉢植えの魅力」にテーマを絞って説明しましょう。
ギフト用の高級花の代名詞ともいえるのが、胡蝶蘭。特に、会社など公の関係先に贈るギフトとしては定番中の定番です。
その魅力の第一は、何といってもその高級感でしょう。胡蝶蘭は定番の白のほかにも薄紅などのバリエーションがありますが、そのすべて共通して言える特徴が「派手にして上品、そして圧倒的な存在感」です。
ふつうに考えると「派手」はむしろ下品な印象につながることが少なくありません。ところが胡蝶蘭に限っては、花の中でも屈指の派手さを備えているにも関わらず、同時に大変上品なのです。そして抜群の存在感があるのですから、ギフトとして人気があるのも当然といっていいでしょう。
また、意外にリーズナブルというのも、胡蝶蘭の魅力の一つです。おそらく「胡蝶蘭は高い」というイメージを持っている人が少なくないでしょう。確かに「安い花」ではありません。けれど、1万円台でかなり立派な鉢が手に入りますし、ボリューム満点の豪華な3本立ちでも3万円前後が相場です。
その豪華さや高級感を考えると、けっして高すぎるということはなく、ほかのギフトと比較すれば、意外にリーズナブルということもできるのではないでしょうか。
ちなみに、家庭向けのかわいらしい鉢なら2、3千円で購入できますから、「ちょっとした手土産」にもなるはずです。「ちょっとしたお菓子」程度の価格なのですから、リーズナブルと言わざるをえないでしょう。
さて、以上は「贈る側」から見た胡蝶蘭の魅力とメリットですが、ここからは「贈られる側」のメリットを見ていきましょう。
豪華で高級感があるので、会社や店、家が華やぐことは言うまでもないでしょう。
それ以外にも、「世話が楽」というメリットがあります。胡蝶蘭は水やりもかんたんで、日当たりなどを気にする必要はありません。ふつうの室内に置いておけばそれでOKです。
また、花もちが大変いいのも、ほかの花にはないメリットでしょう。室内で管理すれば2か月から3か月、花がもってくれます。ですから、たとえば開業のお祝いにもらった胡蝶蘭の鉢植えは、開業後2か月以上、店や会社を飾り続けてくれるのです。
さらに、ほとんど無臭というのも、意外に知られていない胡蝶蘭の大きなメリット、ギフトとしての魅力と言っていいでしょう。
たとえば、同じようにギフトに用いられる人気の花、バラやユリ(オリエンタルリリー)には、多くの品種に芳香があります。それ自体は、花の魅力と言っていいでしょうが、たとえば、飲食店やクリニックだと、贈られた側がその香りを「かえって迷惑」と感じることも少なくありません。
その点、胡蝶蘭には香水のような匂いがありません。ですから、どんな店やクリニックにおいても「迷惑」になりようがないのです。
以上、ここではギフトとしての胡蝶蘭の魅力についてお話ししてきました。お気づきかもしれませんが、紹介した魅力、メリットは自分で胡蝶蘭を買って自宅を飾り、育てて楽しむためのメリットでもあるのです。